読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湖畔 de radio

ただただ、何もせず、くだらない話を目で追いたい。そんなゆるいラジオのような雰囲気を提供…したい。

自分を取り戻せ

さっき、広告バナーに 「もう毛穴で悩まない!」っていう謳い文句と共に、 私のどアップ写真があったのですよ!

「えっウソこれマジいつの写真でなぜここに!!??」

と焦ってたら。

別人の私より数倍綺麗なお姉さんの、私より数倍綺麗なお肌と目鼻の写真でした。

どうやらそんな自意識過剰状態にまで登りつめるほど、私は幾分調子がいいようです。

実は私、この年末年始、嫁タブー(私はそう呼んでるw)を犯しましてん。

地元より5県ほど隣に嫁いでまして。 昨年は、結婚して初めての正月ということで、元日は旦那の実家(車で3分)のとこに、終日行っておりまして。

しかし今年は迷わず、会社の休みの開始とともに自分の実家へ帰省しました。

長男と次男の嫁(義姉たち)はもちろん、旦那側の実家に、今年の元旦も顔出してたんですけど。

疲れ果てて我を見失いかけてる私は、もう1人で実家に帰ることしか考えられなかった(´ ▽`) 姑にも義姉にもどう思われたって構わない。 私の実家はあんたたちより遠いのだ! 親に会える回数もあんたたちの50分の1くらいだ!! 今帰らなくてどうする!

と言うわけで、「元日は旦那の実家へ」という暗黙の了解をあっさり無視して。

そしてたどり着いた久しぶりの実家はもうパラダイス。

母親は日中仕事に出かけてたので、たった1人でコタツにずーっと入ったまま、気ままにスマホいじったり新聞読んだりテレビ見たり。 やってることといえばただそれだけ。

でも、私、そんな中で、本当に久しぶりに思い出したことがあったんです。

私は香取慎吾くんの大ファンだったということを。 (笑)

実家って、いわば自分のルーツですよね。 ここには自分が子供の頃から好きだったものとか、今も大切にしてる本とか、 「自分自身」を素直に表現してくれるものがたくさんある。 (実家を出て一人暮らしを始めた途端、親が自分の部屋をきれいさっぱり片付けてしまったという嘆きの声もよく聞くけど…)

何の雑音(夫も含む。笑)も無い、何にも邪魔されない、たった1人の状況で、少しずつ、忘れていた自分を取り戻していく感覚を覚えました。

昔大好きだったサンリオグッズを眺めてニヤニヤしたり。 オタクだった時に夢中になった漫画を読み返して、年甲斐もなくファンタジーな世界観にキュンキュンしたり。

そんな風に自分の好きなものにひたすら没頭しているときは、「妻であり、働く女であり、ブラックミュージックをこよなく愛する女であり、しっかりしなくてはいけないと日々踏ん張っている女である、ワタシ」は、一切入り込む余地なし。

ほぼ365日生きている上っ面の姿のワタシは、日頃意識してないけど、相当無理をしてたんだなと実感。

周りを気にしたり、日々サバイブすることに必死になっているうちにバラバラになってた自分が、少しずつ一つにまとまっていくような感覚でした。 これが、ジワジワと快感なの。

そして、いよいよSMAPも解散か…とぼんやり頭によぎった時に、 「ああ、慎吾ちゃん、最後のスマスマの表情、何とも言えなかったな…」 と思ったのがきっかけで、WiFi環境のない実家で、無謀にも色々と動画を見まして。

慎吾ちゃんの昔の映像を見てるうちに、気持ちはファンMaxだった頃の青春時代の気持ちとどんどんシンクロ。 そうやって過ごした時間の最後の方の気持ちは、昔と同じ。 今の彼の映像を見てる頃には、完全に彼に再び恋をしました(笑)

そして、忙しい日々の中、私は自分の好きなものを一つずつ忘れていってたことに気づいたのです。

漫画もアイドルも好きって、なんだか気恥ずかしくて、自分からは周りにあまり打ち明けなくなったし、 最後にはギャル系やB系にたどり着いた私(笑) (ブラックミュージック大好きなので、それはそれで良かったんですけどw)

自分の好きなこと=「素の自分」をいかに蔑ろにしていたか。 それは自分を大事にせず、目も向けず、労りもしないということ。

10年以上それで走ってきてしまった。

そして、今の仕事に病んでる私は、崩壊寸前まで来てたんですが、 この自分を取り戻す感覚を、実家で1人で何日も何日も味わった結果、

すべてがどうでもよくなりました。(いい意味で)

外側の世界で悩んでること全てがどうでもいい。 小さい、取るに足らないこと。 悩むだけ無駄。

急に、そんな風に思えたんです。

自分がさっきまでもがいてた小さな世界を、遠くから見つめてるような感覚。

バラバラな自分が久しぶりに本来の自分として再度組み立てられていくのが分かりました。

この帰省以来、なんだかとても心身が軽い! 精神的にもあまり落ち込み過ぎなくなったので、とてもよろしい。

色んな啓発本で出てくる 「ワクワクすることをせい!」 「今この瞬間に集中せい!」 的な文句の意味、わかったつもりでいたけど、身体で分かったような気がしました。

こうやって本来の自分を思い出しつつ進むのって大事だなぁと思いました。 どうしようもなく落ちる前に気持ちを阻止できますよね。

で、この記事を書きだしてから着地点が分からず2週間以上は経過してしまったんですが ちょうどまた、現実に引き戻された生活の中で自分を見失いかけている土曜日。

そんな時に夫はいない!! 休みだ!! ってことで、今一度、自分を一つにするべく今から好きなことに没頭します。

みなさま良い休日を・・・