湖畔 de radio

ただただ、何もせず、くだらない話を目で追いたい。そんなゆるいラジオのような雰囲気を提供…したい。

引き寄せの法則と長すぎた忍耐

一時期ブームになったらしい、引き寄せの法則

らしい、というのは、私はリアルタイムでこのブームに乗っかったのではなく、自分の愚かな行為により大失恋し、この先どう希望を持って生きていけば良いのかと試行錯誤してた時にたどり着き、巡り合った思考法なのです。

今よりもっと若い頃(笑)相手主導の、あまりよろしくない恋愛を一年していました。
相手を好きになるほど、変わらない現状や相手の言動に一喜一憂し、精神はボロボロ。
もうハッキリさせたい!と告白したものの、予想通り玉砕。
その日は涙が枯れるほど泣いたのです…


が、翌日。


手帳のメモ用ページに、
『今よりもっと魅力的になる!』
『ここから新しい関係を築く!』

だのなんだのの呪文を、本能に駆り立てられるように、スタバでガリガリ書き殴る自分がいたのでした。
(その時はまだこれがアファメーション的なものだとは全然知らなかった)

 

や〜だ、赤面( ;´Д`)

 

とまぁ、振られたことで人生このままではダメだ!!と目が覚め、1年間見て見ぬ振りしてたことや、恋愛に溺れてないがしろにしてた自分をようやく大事にするスタートラインに立てたんです。


失恋からの一念発起、的なワードでググっていると、潜在意識活用に関する掲示板に辿り着いたり。これにはリアルな声に助けられました。

jbbs.shitaraba.net

 


あとはあの有名な『ザ・シークレット』を偶然知るに至りました。
なんだか視界がハッと開けましたね。思い当たるフシがありすぎて。

ザ・シークレット [ ロンダ・バーン ]

ザ・シークレット [ ロンダ・バーン ]
価格:1,944円(税込、送料込)

 

しかし、引き寄せの法則の真髄に触れかけたところで、私、足を骨折しまして。(−_−;)


駅までは徒歩15分、二階建てのアパートはもちろんエレベーターなんてなし、一人暮らし。全治1.5ヶ月でしたが、それはそれは1年間くらいに感じました。


仕事も行かなきゃならず、絶望。


せっかく頭をもたげてきてた目標は骨折事件によりアッサリ打ち砕かれ、忘れ去られ…


2ヶ月後。


骨がくっついた頃、また同じような恋愛を繰り返しました(笑)


そう、頭で理解はしているのに、心は忘れてるんです。
ただ、「頭で理解はしている」というのがミソです。
自分の本当の気持ちをないがしろにしてるので、行動だけ見ると、絶賛実践中。
社畜の心理に近いものがありました^^;


今振り返ってももうアホとしか言いようがないんですが、当然、そんな状態でもがいても、いい恋愛になるはずがない。
相手との精神的な距離がどんどん離れていく。
自分が変われば世界は変わる。良くも悪くも。
当然、自分がおかしくなれば、おかしい自分が映し出す相手も世界も非常におかしなことになります。
おかしい、こんなはずじゃない!と自分が出来事に意味づけしてるのも手伝い、ますます自分と世界がおかしくなっていく。


もう会うことのない人だからと、忘れたいのに忘れられない。
気が付けば毎日連絡を待っている。
連絡がないのにSNSをアップしてることにも落ち込む。


今度は徐々にのめりこんでいった、アファメーションやら新月の願いやら瞑想やら、いかに相手を振り向かせるか(もうヤケクソ)という、自我満載の間違った方向に向かっていくのでした。


今思えばその時の自分の全てが、ほんっと~に馬鹿らしい( ;´Д`)
あの時の時間を返して欲しい。
もっともっと合コンに行っていたはずだ(笑)


そこから2年ほど引きずりましたが、それでも未練がましく、新月のお願いは儀式的にせっせとやってました(笑)


いい出会いがあれば是非!というスタンスで、平日の合コンにもかなり積極的に顔を出しましたが、進展するような仲になれる人とはちっとも出会えず・・・。


人並みに結婚もしたいけど、相当先になるのかな…。そろそろ田舎に帰ろうかな…。


そんな悶々とした日々を送っていると、気が付けば、彼氏と呼べる人は4年もいない状態になってました(゚o゚;;
ただ、その間、友達と色んなところへ出掛けたり、寂しい一人旅をしてみたり、引っ越してみたり、趣味にとことん打ち込んだりはしてました。

仕事も頑張り、そして遊び尽くしたので、何の後悔もないです。


もはや彼氏がいないのが当たり前になっていた日々。


新月のお願いは
『結婚相手に出会う』
から
『とにかく恋愛がしたい』
に変わっていました(笑)


すると、毎月遊びに行っていたイベントで、気になる人ができました。顔がとにかくタイプ。
けど、1ヶ月に1日、たった数時間、会うだけ。会話もまともにせず。

 

その彼は、私の親友の友達だったので、親友に背中を押されて、あれこれ用事を作って(今思うとかなり不自然な用事。「なんで僕?」と思っていたに違いない・・・)、
連絡先を交換して…
イベントで会った日、家に帰ったら「またね」程度のメールをして…(絶対相手は返事に困っていた。だってその日一度も会話してないこともあったから。今思うと超コワイw


連絡先を交換したものの、そこから更に4ヶ月ほど…

 


最後まで無理矢理な展開により、終電に間に合わない!という状況で、快速が止まる駅まで車で送ってもらいました。

そこで初めてまともに会話し、

「今度一緒に遊ぼう」となり、


スッと彼氏になり、

 

4年後、ダンナになりましたw


今、結婚して半年です。

 

そして、付き合ってからスゴイびっくりしたことが。
付き合う数年前、何気なしに酔った勢いで撮ったとあるクラブでの写真。
男性2人+私、謎のポーズですごい笑みで写っていたのですが、その中の一人がダンナでした。


衝撃~!!!
その時会っていたことも、写真を撮ったことも、名前すら知らなかった。もちろん、ダンナも。


この写真を撮ってから、二度の思い出すのも恐ろしい失恋をし、彼氏いない歴4年が経過し、もうダメかと思っていたら、こうやってコイツが恋人として舞い降りてくるなんて・・・


まぁ友達の友達が実は私のよく遊びに行くところにいたという、別に奇跡でも何でもありませんが、人との縁というものを疑い始めてしまっていた私にとって(笑)、ご縁は巡るもんなんだな~、と、まともな感謝の気持ちを持った人間に立ち戻ってくることができました(`▽`;;)

 

「時間差で叶う」というのが定説のようですが・・・

 

なげーよ!!!


長すぎだよ!!!

 


我ながらよくもまぁこんなに待てたものだと。
私は田舎から地方都市に出て来ているので、恋人もいない状態で一人暮らしを続けるのは、正直言って、家計的にも家族的にも何のメリットもなかったんです。


挫けそうになりながら孤独に良く耐えたなと。
やっぱり、友達と過ごす時間と恋人と過ごす時間、楽しさと学びの種類は全然違いますからね。
他の友達の恋愛相談にも耳を傾け、結婚すれば祝福し、明日からまた私も頑張ろう、いい人見つけよう!と思うけれど、仕事もそれなりに大変で・・・
都会独居独身女子あるある、だと思います。


だから私は、日々、こっそり涙しながら、毎日仕事にプライベートに、自分の気持ちに揺れながら頑張っている、引き寄せ実践中の方に言いたい。


(ものすごく)長い旅路になるかもしれないけど、努力は必ず報われる!と。


そんな皆さんを見てくれている人はいます。友達でも、上司でも、後輩でも。


目標達成まで通算6年かかったうえに骨折まで経験した私は、心から応援してます。

何かの励みになれば幸いです。