湖畔 de radio

ただただ、何もせず、くだらない話を目で追いたい。そんなゆるいラジオのような雰囲気を提供…したい。

新しい職場2日目終了!で、思い出す昔のこと。

ふー。

連日早くも仕事の夢を見てしまいました( ̄◇ ̄;) 意外と心にはダメージきてるのかな?

でも、今のところ周りの人は優しい。 これだけでも働きやすい要素の7割は占めてる気がする。

しかし、9年ぶりの新しい職場(転職)とあって、新しい環境にいる自分というものをすごく客観的に見れてるなぁと思う。

1回目の転職はなんと新卒入社でまる2ヶ月経った頃。 営業という仕事が心底合わなかったし、2日目から放置っていう状況に耐えられず、上司と話し合いを重ねて辞めた。 今では無責任なことをしたなぁと… 上司の評価も下がっただろう。 が、当時はそんな会社のカラクリも分からず、横を見れば同じ支店に配属された同期は日々マンツーマンで教えてもらってる。 心が壊れるのにそう時間はかからなかった。

けど、違う支店に配属された仲のよかった同期の女の子は、3週間ほどで辞めてたし、3年以内には100名いた同期が3分の1になったそう。 いずれは私も去る運命だったのかも。

辞めたものの迫り来る家賃の支払い。 とりあえず派遣として働き始めた。 憧れの、メーカーでの事務仕事。 しかしそこでも色々あったんだった! これが、この転職する今の今までずっと忘れてしまってたこと。

教えられたpdfのスキャン、何十枚とコピー機で格闘。 それを見た派遣の先輩が、隣の社員と影でコソコソ笑ってる。 そして私にこう言った。 「いつもコピー機でボーッとしてますよね(^O^)」

私の前任が段ボールに書類の山を放置して辞めていった。 その処理を日々こなしてると、たまに、段ボールに埋もれた書類を探しに女の社員が来る。 段ボールが重たいのか当てつけなのか、段ボールを手で持たず、足で蹴って移動させる。鬼のような顔して。 私呆然( ̄O ̄;)

そうだ、他にも八つ当たりされたこととか数知れず、泣いて帰ったこともあり、、、

結局正社員登用されたんで、そこからは本当にバリバリ働かせてもらったんですけどね。 そうなったら、入社当初に味わった日々のイライラやもどかしさは忘れてた(°_°) そんなこと気にしてたら仕事が進まなくなるレベルまで成長できたってことなのかも。

しかも、前職をすぐ辞めたことが負い目になってたし、あまりにも前の仕事が辛すぎたせいで、「あの時に比べりゃ2000倍マシだな」って思えてたのも大きかった。(笑)

そうだ、なんでも時間が解決してくれるはず。 あの時は習い事のダンスや音楽、クラブ通いでリフレッシュしてたな〜。 若さ故にできたストレス解消法。 30超えたらそんなん平日にはキツすぎるし(笑)何か家でくつろげる方法を探せたらいいなぁ。 少しは緊張も和らぐかもしれない。

もう少し頑張りますか。