日常に恋する日常

見たもの、考えたことや感じたことを記し続けることで、知らないじぶんが見えてくると信じている30代のじぶん掘り下げ日記。

理想だと思ってたこととは違う現実を歩きがちな私

前職を辞めて、半年が経過。

貯金を切り崩す専業主婦生活にもそろそろ別れを告げなければと思ってるところ。

 

この半年、会社員生活では全然出来なかったことを存分にしたな〜

 

図書館通い!

映画観まくり!

1週間、ど平日を挟んだ旅行も行った!

英語も細々と勉強した!

最近は毎日家ヨガをしてる!

 

こうして書いてみると、ほんと会社員って制約多すぎ。笑

 

土日祝休みのカレンダー通りの仕事をしていると、

まず仕事以外の本を読む時間を確保するのもやっと。

世間の大型休暇と同じ休暇に海外に行くなんて、混んでるし、何より高い。

週末の家事に追われる間に2時間の映画を観ることもちょっと戸惑う。

私自身、時間の使い方が下手くそなのは自覚してるけど。

ハイテンションのまま週末を迎えることができたら、言い訳せずに無理にでも趣味の時間を作るんだろうけど、働いていると色々あるのが当たり前。

気持ちの切り替えも上手くできないタチなので、仕事でトラブルに巻き込まれたまま週末を迎えてしまったら、何をしててもちょっと胃が重たくて、休んだ気にならなかったんですよね。

 

次は何をしよう?

 

前々職は、結婚に伴って転居したので退職したのですが、その時は

「しばらく主婦になるわけだし、庭で野菜作ったりお洒落なランチしたりさ、そういうキラキラしたブログを書いてみたら、あわよくば色んな人に見てもらえたりして…」

とか妄想してたんですよ。

でも、忘れてた。

超絶三日坊主な自分の性格を。

しかも前職についてから、心身共に疲弊しました。

 

というわけで、退職後すぐにこのブログを立ち上げたんですけど、キラキラしてないどころか、心の闇を吐く結構暗めな記事が多くなってます。笑

 

この無職期間中も、インスタの漫画を見ては「私も描いてみようかな」と思い、描かない。

面白いブログを見ては「ブログ更新しようかな、でも書くことないや」で、書かない。

でも、もうそんな自分を責めないことにしました。

理想と違う道を歩いてしまうのが自分なのだと。笑

自由すぎる生き方には心底憧れているけれど、適度に縛られて適度に収入を得たいタチなんだと分かってきました。

 

じゃあこれからどうするか。

ざっくりパートかフルタイムか、ってことになると思うんだけど。

年齢も35歳だしな〜

世間はこれを「正社員で就職する最後のチャンスだよ!」と追い立てるの?

ちなみに夫は、私が前職で狂いかけたのがトラウマになっていて、「パートにしーや〜、パートでいいからな〜…」と可哀想なくらい念じています。

そうだよな、付き合ってた頃は、仕事で狂いそうになってる時にそもそもわざわざ会わなかったから、私のこんな一面を結婚してから見せられて、騙されたと思ってるだろうな。笑

 

でも、1週間旅行に行って感じたのが、

「あぁ、私、若いうちにもっとどこかに気兼ねなく行きたい、いろんな景色を見たい」っていうことなんですよね。しかもお得にお安く。笑

 

30代と40代ではどこかに行こうとするモチベーションも下がってしまうような気がして。

そもそも時間があったからといって旅行に行くかも謎なんですけど、人生にもう少し余白をもたせたい、という希望はあります。

 

でも困ったことに、近くの大手企業が事務パートを募集しているのを見てまた心が揺らぎました。

でもそこに行ったとしたら、結局カレンダー通りフルタイムのパートだし、人生の余白なんて無いじゃん!

一体私は何がしたいんだろう?私は何を重視しているんだろう?

せっかく子供がいないというのに、こんな簡単な自分のこともブレブレだなんて。

 

あ、今、分かったことがある。

 

20代の時に思い描いていた理想の30代とは違うってこと。笑

 

気楽に、気楽に、行きたいものです。