湖畔 de radio

ただただ、何もせず、くだらない話を目で追いたい。そんなゆるいラジオのような雰囲気を提供…したい。

円形脱毛症になった話

 

 

ヤツが私の頭にやってきたのは約1年半前。

 

結婚に伴い転居し、仕事も退職。

慣れない生活ながらも、10年ぶりくらいにのんびり過ごす日々。

・・・も束の間、結婚式の準備に追われる日々。

オットとはそのせいで喧嘩もしたけど、結果的にやって良かった。

そして新婚旅行はカリブ海へ行くことに決定。

再び色々な準備に追われていた。

 

そんなある日、右こめかみの斜め下あたりの頭皮がキョーレツに痒くなった。

うっわ。乾燥まだまだきついな・・・(この時点で3月)と思ったくらいだったけど、何故かその痒みを覚えた日の記憶は今でも鮮明。

本当に痒かった。

 

そしてその痒みの1か月後、私はカリブ海にいました。

貧乏新婚旅行の為バックパッカー並みにしんどい旅程をこなした4日目、天候が悪く、ゲストハウスのシャワーのお湯が出ない…。

半泣きになりながら水シャワーし、凍えそうな体を拭こうと、オットにタオルを浴室まで持ってきてもらった瞬間、オットの動きが止まる。

 

「・・・ryuske(私)、・・・ハゲてる・・・

 

 

「へっ?」

 

訳も分からず体を拭き、ゲストハウスのアンティーク調の素敵な鏡に映った私の頭皮には、見事に500円玉より1回りほど大きい穴がぽっかり開いていたのでした。

 

驚きというよりもう笑うしかなかったワタシ。

 

これ、ガチなヤツじゃん(笑)

 

いざハゲに気が付いたら、ようやくその部分の頭皮の触り心地もオカシイことに気付く。もう、つるっつる。

 

ハゲを気にしながら旅行を終え、帰国したらハゲも治るだろうと思っていたけれど、

ずっとツルツル。

あろうことか、他に2か所も見つかる始末。

 

帰国後3ヶ月しても変わらず、また抜け毛も増えてきたので、人生初の皮膚科を受診しました。

 

★初診で行ったこと

 

症状を伝えました。

・いつからハゲたかということ

・かゆみがあること

 

「いわゆる円形脱毛症っていうやつですね」

という予想通りの診断が下りましたが、

甲状腺の病気などでも脱毛が起こることがあります。今日は念の為血液検査をしましょう」

と言われ、採血。

また、

「アレルギー反応を抑えるお薬を出しておきますね」

ということで、飲み薬を処方されて初診は終了しました。

 

 

★2回目の診察

 

血液検査には異状なし。

「ということは、いわゆるストレスが原因だと思うのですが、3ヶ月前くらいに大きなストレスを感じた出来事はありませんでしたか?」

 

3ヶ月前・・・

 

結婚式だ・・・(汗)

 

相当ストレスだったんだろうか(笑)

 

まだ痒みがあることを伝えると、痒みを抑える塗り薬を処方してもらいました。

そしてそのあとは、紫外線の照射。

まさにエステにある光脱毛器の本体のような機械の上に、デスクライトのように首が曲がる照射部が付いている装置。

これを3分当てます。

当たっている間は何も感じませんが、帰宅途中に少し刺激があるかな?と感じました。

ちょっと日焼けしたような感覚に似ています。

 

★3回目以降の診察

 

その後は2週間ごとの通院で、診察→紫外線照射→薬の処方、という流れでひたすら通院、通院。

痒みがなくなってきたところで、塗り薬は中止となり、いよいよ髪の毛を生やすための液体の薬になりました。

それがこの薬「アロビックス」

f:id:ryuohgrl:20170701163656j:plain

 

なんともインパクトのある緑色のお薬ですが、これをパシャパシャと患部にはたきます。

このお薬を塗る際の注意点としては、熱を加えると効果が弱まるので、洗髪後、ドライヤーの後が良いということでした。

説明を受けている看護師さんに「頑張ってね、頑張ってね」と励ましてもらいました(笑)

結構どの医院・科へ行っても看護師さんに励まされるのですが、そんなに怖がってるように見えるのかな・・・私・・・

 

良かったのか悪かったのか分かりませんが、アレルギーを抑える薬(抗生剤?)は処方され続けていたものの、体に不便を感じているわけではないので、飲みませんでした。

 

 

★そして、3か月後

 

徐々にツルツルの感触が、産毛を纏ったような赤ちゃんの頭のような触り心地に変化していました。

先生も「おっ、生えてる生えてる!」と言ってくれ、スコープに映し出される髪の毛もだんだん増え、太く変化。

めちゃんこ混んでる皮膚科で待ち時間はいつも気が狂いそうでしたが、頑張って通院しました。

ある程度生えそろったところで、治療はいったん終了。

看護師さんも「良かったね~生えてきて~~~!!」と一緒に喜んでくれました。(笑)

 

自然に治る人もいるとネットでも見ましたが、何か月もツルツルだったこともあり、また紫外線照射は自宅では不可能なので、頑張って良かった~と安堵。

その後はどんどん毛が生え、穴はようやく埋まったのです!!

脱毛に勝った!!!!

 

 

★と思ったが・・・

 

3か月後、またしても頭皮にあの恐怖の感触が蘇ります。

そう、ミニハゲが3か所できたのです・・・

 

 

心の底より絶望。

 

もう、私には、皮膚科に通う気力も体力も残されていませんでした・・・

 

神様・・・

 

 

★結局・・・悲劇は継続中

 

そのミニハゲは通院もせず放置で、3ヶ月ほどで埋まりました。

が、何となく想像していた通り。治ればまた別の場所にミニハゲが発生。

結局、円形脱毛症が完治したという状態には至っていません。

 

今また1か所、直径1センチほどのハゲがありますが、ちょっと生えるのがスローペースになっている模様。

 

う~ん。

こういうのを多発性の円形脱毛というそうで、完治は難しいみたいです。

何でもかんでも病気ととらえるのは抵抗があるので、もうしばらく様子を見たいと思いますが・・・

 

ただ、最初に発見した段階で皮膚科に思い切って行ったのは非常に良い選択でした。

悩んでいる方は一度、お医者さんと頑張って治していくのがいいと思います!体の他の部分の不調が引き起こしている可能性もあるというのは、目から鱗でした。

 

ハゲ、治らないかな~

最近話題の、某議員の暴言が心に沁みます(笑)