湖畔 de radio

ただただ、何もせず、くだらない話を目で追いたい。そんなゆるいラジオのような雰囲気を提供…したい。

SNSでこぼすパートナーの不満、写真で誤魔化せてナイヨー

特にインスタ。 「その写真…投稿文となんの関係があるの?(´⊙ω⊙`)」っていう投稿がすごく多い(気がする)。

インスタに関しては、写真を投稿するというより、半分twitterのようなニュアンスで使うのも主流なのかな。 インスタもフェイスブックtwitterも、それぞれ少しずつ雰囲気は違うけど、どれにしても、ふと開いた瞬間に写真付きで思わぬ重いことを語られる投稿に出会ってしまうと、ちぐはぐ感というか、なんとも言えない後味を感じます。

青空の写真とともに命の尊さを語る人もいれば、 自撮りのアップとともにしんどさを語る人も。

「相変わらずアツいな」「相変わらず病んでるな」って斜め読みしながらスルーすることが大半だけど、先日、すごく違和感のある雰囲気出してる知人の投稿を見て、更に何とも言えない気分になりました。

その投稿とは、「子供の写真or風景など、言いたいことと関係ない写真」+「パートナーの愚痴」の組み合わせ。

投稿主である知人のコメントをざっくり書くと、 旦那がとある用事で友人達と出かけて、早く帰るはずが遅く帰ってきた。(といってもそこまで夜遅くはない時間) 出かける前は早く帰ってくると言ってたので、義母が晩ご飯を沢山用意してくれていたが、結局帰りが遅くなり、晩ご飯にも手をつけなかった。 そもそも帰宅まで電話も繋がらなかった。 他にも色々あったしホントーに呆れちゃうわ〜。

ってな内容。 なんてことはないただの愚痴だけど、これって、ただ単に、パートナーである旦那が晒し者になってるだけのような気がする。

この投稿を真っ先に目にするのは、二人の共通の知人のはず。 そんなことも考えず、家庭内の出来事とそれに対するパートナーの愚痴をよくも載せられるなと思ってしまいました。

そして、可愛い子供の写真とともにその愚痴をアップしてるんですが、

いやいや、そんなんで中和されてないし(笑)

と思わず突っ込みたくなりました。

ほんでまた、その投稿にコメントしてる彼女の友人達も「また愚痴りあおう!」的な内容をポストしまくり、わっさわっさ。アホか!(笑)

旦那、立場ないだろうな〜。ここまでされると同情してしまう。

匿名でコッソリやってるブログとかなら大いに愚痴っちゃっていいと思うんですけどね。 深い付き合いの人たちで結ばれてるSNSでそんなこと言われたら… 男がひた隠しにしたい家庭内での一面をこんな風に暴露されたら絶対嫌だろうな( ̄∇ ̄)

しかも、「早く帰ってくるって言ってたのに…」 のくだりが、本当に女々しいなって思います。 久しぶりに友人と顔を合わせたら、話が弾むこともあるし、帰るに帰れない雰囲気の時もある。 たまに外に出た時くらい自由にしてやれよって思います。

少しくらい連絡なくたっていいじゃない!

え、良くない?

でも、自分に置き換えてみてください。 例えば、久しぶりに同窓会に1人で出席。 友人との会話や恩師への近況報告、来れなかった人の手紙紹介などなど…密度の濃い楽しい時間はあっという間。 ふと気がつけば、旦那に連絡入れるって約束してた時間だ! けど、タイミング悪く締めの挨拶になってしまって席を外せない。 結局、連絡入れるのも帰るのも遅くなっちゃった。

旦那に謝りつつ帰宅後、ふとSNSを開いたら、そこには自分の子供の写真を載せつつ、今日の一部始終を暴露しつつ愚痴る投稿をする旦那…

コメント欄は、旦那の友人達が、今度奥さんの愚痴でもしゃべりあおうぜ!的な内容で大盛り上がり。

どうでしょう。

嫌でしょ!??

それに、いざ自分が連絡つかないことを責められたとしたら、「連絡入れられるタイミング逃したんだもん、しょうがないでしょ」って反撃しますよね。 でも、 昨夜の旦那さんもそういうやむを得ない状況だったかも、ですよ。

往往にして、パートナーの愚痴を日々語る女性は、自分がいざ逆の立場に置かれると、途端に開き直る傾向にある気がします。

「だってしょうがないでしょ!!」

みたいなね。 ケンカがこじれる時も、大体女性の「だって〜〜」反撃が更に事態を収拾つかなくさせてる気がします。

どんなに可愛い子供の写真を載せて、愚痴を茶化したり、冗談ぽく見せても、ムダです。 読み手はそんな投稿をする妻を持つ旦那に同情します。

我が家はお互い、夫婦よりも友人との予定をなるべく優先。 出先で事故りさえしなきゃいいんで、帰宅前に電話しろとか、ご飯いるかいらないか早よ教えろとか一切ナシです。 子供じゃないんだから、帰った時にご飯が無くても何とかなる。

たまには家を離れて羽を伸ばしたい休日もある。 家庭があればそんな日はとても貴重。 だからこそ、少しのことくらい目をつぶって、大事なパートナーには、気の置けない友人達と思いっきりリラックスしてきてもらいましょうよ!(о´∀`о) パートナーに楽しい1日で終わってもらうためにも、自分の価値を下げないためにも、愚痴愚痴な投稿はぐっと我慢、我慢。

愚痴は自分の評価も下げ、目にする人にも迷惑。

パートナーのうっかりも、笑って許せるくらいの器量とおおらかさを持っていたいものですね。