読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湖畔 de radio

ただただ、何もせず、くだらない話を目で追いたい。そんなゆるいラジオのような雰囲気を提供…したい。

お金は財布に入れておくべし。

先日、急遽職場で高額なお金を一時建て替えなければならない状況が訪れました。

その中で、全額出せるのは私だけ。 もう一人の子も持ち合わせはありましたが、払い込みの予定があるとのことで私が出しました。

世の中、おそらく家庭のある男性はお小遣い制。 きっと月初めに家計にお給料を入れ、そこからいくらか自分の使えるお金を財布に入れて、少しずつ使っていってるんだと思います。 私は子ナシなので、そんな風景も想像ですが。 けど…私、「現金の持ち合わせがない」という状態で毎日を過ごすいうことに凄く違和感を覚えます。 主な要素は2つ。

それは、バランスと不安

バランスは、「持ってる財布と中身の金額のバランス」。 今はファストファッションの店舗で気軽に服が安く買える時代。 でも、財布やキーケースなどは、ブランド物でオシャレに揃えてる人も多くいると思います。 びっくりしたのが、とても高価な財布を持っているのに、驚く程少額(コンビニで何か買うのも命がけな程)なお金しか持ち歩いていない人がいるということでした。

聞いてみると、日常それが普通だとのこと。

う〜ん(´⊙ω⊙`)必要な時に下ろせばそれでいいのかもしれないけど… 数万もする立派な財布を開けたら、入ってるのは常に千円くらいっていうバランスが、妙にちぐはぐな気がしてしまいました。

私も財布だけ少し高価なものを買っていますが、その財布に見合う金額を入れるように、数年前から、従来持っていたお金の認識を変えました。 これについては後述します。

もう1つの理由は「不安」。 極端な話、家族の誰とも連絡が取れない時に夜中に救急車で運ばれて、しかも保険証も手持ちのお金も無いとしたら…どうします?

これ、実は実際自分が体験したんですけど(笑) 数年前、一人暮らしのアパートで一人で嘔吐しながら失神し、必死で救急車を呼び、そのまま入院となったのですが…

保険証をアパートに忘れました(笑) 救急隊員の方にも、えっ持ってきてないの!と言われた気が…( ̄∇ ̄;) 翌日遠くの実家から母親が駆け付けてくれ、なんとか実費での支払いは免れましたが、高熱と焦りでドキドキが止まりませんでした。

そんな救急車で運ばれた若かりし頃は、派遣社員で事務をしてて、奨学金を返済しつつ貧乏な一人暮らし。 お金も貯まらないと不安な日々を過ごし、情けないことに親に泣きつく月も。 なぜこんなにお金が無いのか…いや、お金が無い中でも服とか靴とか買ってたからそりゃ貧乏になるんだけど… そうそう、ダンスもしてたし、出演するのにも衣装代やらスタジオ代やらで出費してたな〜。 実家で気楽に過ごしてる友達とはなんでこんなに経済事情が違うんだろう、実家の奴らは甘えてる!と意味のわからない怒りでやさぐれていました|( ̄3 ̄)|

それから私も正社員登用してもらい、月々の手取りは減ったものの、ボーナスを貰えるようになったことで、少しずつまともな生活ができるようになってきました。 思い立てば引っ越しもすぐできるほどの金銭的余裕が。

そんな独身会社員生活も数年続きましたが、3回目くらいのボーナスで、FURLAの財布を買いました。 ハイブランドに比べれば手頃ですが、私からすると、社会人になってからようやく初めて手にした、憧れの少し高価な財布。 そしてこの財布には、今後「7万円」を常に入れておくことに決めました。

その理由は、ラッキー7(笑)のげん担ぎに加え、 何より、この財布に見合ったお金を常に持っていたい、二度とお金に困りながら財布を眺めたくないという理由からです。 せっかく手に入れた憧れの財布だから。

安月給の中から家賃光熱費を引いたら7万円(食費込み)なんて本当にギリギリ。 そのくせ化粧品や美容院にはまぁまぁお金をかけていたので、すぐに7万円なんて無くなり、結局ボーナスを少しずつ切り崩して生活してたのですが(笑)

不思議なことに、視覚で7万円財布に「ある」と認識すると、どんなに通帳に残高が無くても、なぜか気持ちに余裕が出るのです。

気持ちに余裕が出ると、金銭的にピンチな時も「なんとかなるさ」と構えられる。 すると、本当になんとかなるもんで、お金のことで困り果ててしまうという状況がほぼ無くなりました。

友達との予定も好きなだけ詰め込み、遊ぶ時はとことん遊ぶ!食べたいと思ったお店で食事をする。 旅先で欲しいお土産を我慢しない。 我慢をやめると、色んな人との食事も気兼ねなく行けるようになる。ほんでまた奢ってもらえたり、多めに出してもらえたりする。 そんなちょいちょいラッキーなことが増え、神様にピンチを救ってもらった感満載(大げさ)。

どれも些細なことだけど、あの7万円の安心感を得た日から、少しずつ生活が良い方向に向かっていったのは確かです。 貧乏な頃はおかしな恋愛ばかりしてたけど、自分が生活も精神も安定してから、楽しい人と出会い、結婚しました。 ま、結局今は家のローンもあり、別の苦しさはあるんですけど…。 不思議とギリギリでもやっぱり、何とかなるもんです。 数年かけて、どんなに出費の変動があっても揺るがない安心感をキープする習慣が身についたようです。

何とかなってるうちは、結婚した今も、もしもの時にポン!と出せる余裕が欲しいなぁと思ってます。 ただ、今は家計のことも考え、少し控えめにしようと思い中身を5万円に減らしたのですが、そうすると不思議なもので、すぐ不足感を感じてしまう精神状態に|( ̄3 ̄)| やはり私が落ち着く着地点は7万円のようです。

見た目に関しても心に関しても、バランスと安定というものは、案外お財布の中に秘密が隠されているのかもしれません(´⊙ω⊙`)