湖畔 de radio

ただただ、何もせず、くだらない話を目で追いたい。そんなゆるいラジオのような雰囲気を提供…したい。

「ひょっとしたら」を期待する・・・現実を見て。もうやめよう。

 

 

 

 

 

「この子がいるから、離れていてもあの人を繋ぎとめられている気がする」

「想い続けていればきっと届く。あの人には彼女がいるけどこの想い止められない。」

「今は体だけの関係だけど、いつかはきっと。(本当は会いたいのに連絡を我慢したりとかしてる。そのくせ向こうから連絡が来たら会ってしまう。)」

 

 

私は子持ちじゃないので「この子が・・・」のくだりは私の経験じゃないですが、現に知り合いが言い放った言葉。

後の2つは自分にも経験があります。

 

 

その時はもう恋してることを客観的に観れなかったからアレなんだけども。

 

 

今冷静に見ると、とっても気持ち悪い

 

 

こんな女とは友達にもなりたくないし、一緒の時間を過ごしたくもない。

 

 

好きな相手に彼女がいるという現実=貴女を選んでないということ。

彼女と別れると言ってくれている=貴女よりもいい女だから、彼女と別れる気なんてないということ。

彼女がいるけど私の方が好きと言ってくれている=ただの嘘。本当ならさっさと貴女と一緒になっている。

 

 

今は体だけの関係=貴女はただの暇つぶし。本命の彼女は貴女よりも可愛くて、優しくて、ポジティブで、彼はそんな彼女を心から愛してる。束縛すら内心可愛いと思っている。

連絡を我慢する=自分自身も遊びだからと割り切ってるつもりでいる。割り切ってると言ってるくせに駆け引きをしている。その裏心は怨念に近い。

向こうから連絡が来たら会ってしまう=どうせ振り向いてくれる可能性は0だし、付き合えたとしても今の彼女より大事にしてくれる可能性はとっても低い。そんなことも分からないの?

 

 

厳しいことを言うようだけど、こういう状態にある女の人。

 

 

マジで時間の無駄だし、自分のオーラもすごく暗くなってるよ。

特に、今のどっちつかずな関係を断ち切らずに新しい彼氏を見つけたり、婚活しようとしている人。

そんな二兎を追えるようなおいしい話はない。

特に純粋な人ほど自分の気持ちに嘘がつけないから、強がったまま何の成果も出せずに時間だけが過ぎていく。

 

 

私は、今の夫と付き合うまで、こういった不毛な恋愛ばっかりしてきた期間があった。

強がって、泣き暮らしてた。

不毛な恋愛オーラを纏った女に神様があてがう男は、私を大事にしてくれない男ばかり。

同じ状況に苦しんでる女の人、多いと思う。

 

 

あえて言います。

その男と一緒になって幸せになれる?

 

今の彼女より貴女に魅力を感じていたら、二股なんてしないよね。

魅力的な貴女の方に真っ先に来るよね。彼女との関係を清算して。

「今は別れられない事情がある」なんてウソ。

貴女が、今の彼女を捨ててまで付き合うに値しない女だから。

彼は、貴女に会うたび、どこか重たさを感じているはず。

でも体は別だから、会いに来るよね(笑)

貴女が、自分のことを好きで受け入れると分かってるから。

 

こうやって客観的に観て、どうですか?

もしこれが自分の親友だったら、「その男の人きっと誠実だから、頑張って待ってなよ」って言える?

 

この状況を変えたいと本気で望んだ人にだけ、神様は答えてくれます。

 

 

私もずっと2番目の女で、いつか1番目に昇格すると思ってた。

でも、ある日、そんな自分がすごく汚くて醜くてみすぼらしい女だと思った。

いつも「いつか自分のところに来てくれる」ことを期待してた。

そこに自分の意思はなくて、相手の変化をただ待つだけ。

懐が広い女を演じてただけだった。

それに気が付いたとき、心底吐き気がした。

自分の意志で過ごしてるようで、すべての生活が相手任せ。

気が付いたらメールをチェックし、SNSのログイン履歴に一喜一憂。

自分の人生を生きていない。

 

「いつか見返してやろう」

そんな気持ちで、自己啓発本やスピリチュアル系の本を片っ端から読み、自分の人生を生きていくうえでの「信念」を形成した。

相手との連絡を一切排除した。

仕事に遊びに打ち込んだ。

自分の人生と、心から楽しいと思える日々を取り戻すことに全身全霊を傾けた。

 

 

 

その1年後、私を一生大事にしてくれる人に出会った。

何年も前から、顔は知っている人だった。

 

 

 

貴女は本当に素晴らしい女性なんだから、

くだらない恋愛でその笑顔を曇らせるのはやめませんか?

 

 

 

自分の意志で。本気で、自分の人生を歩きだしたとき、ふさわしい相手がふさわしいタイミングで目の前に現れます。

 

 

相手の言葉や会えない日々の行動で一喜一憂するのはもうやめて。

貴女の両親は、こんな思いを貴女にさせるためにこの世に生んでくれたはずがない。

笑顔で自分の人生を生きてほしい、そんな気持ちが名前にこもってる人も多いはず。

 

 

あしたから、前を向きましょう。

私はそんな優しくて強い貴女を応援したいです。