読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湖畔 de radio

ただただ、何もせず、くだらない話を目で追いたい。そんなゆるいラジオのような雰囲気を提供…したい。

オットがくれた一万円のあたたかさ

前回の記事で、内定後のすごいツライ話を書きましたが、

無事、その後別の企業から内定を頂きました。

契約社員ではあるけれど、ここから明るく頑張る次第。

 

というわけで、不覚にも専業主婦を8か月ほどやったわけですが、

そろそろオットの給料だけでは立ち回らなくなってきて。

色んなものを買うのを我慢してました。

(いや、独身時代に好き勝手していたので、これが普通なのかもしれない。汗)

 

 

先月の家計簿を締めて、オットと食費がどうだったああだったと話していたら、

さっき貰ってきたばかりの給料袋から、神妙な顔で1万円を取り出すんです。

 

これ、あげるから、今まで躊躇してきたもん買いや。

 

って。

 

私はバカなのとビックリしたので

「何言ってんの!そんなん、いいよ!今、大変な時だし」

と、女性誌では「絶対に行ってはいけない一言」とかに出てきそうなセリフまんまを口走ってました(笑)。

 

 

するとオットは

「いいやんか!僕、誕生日もしてあげてなかったし、何もできてなかったから。

これで何かしたり買ったりしてぇや。」

となおも引かず。

 

私も頑固なので、ちょっと笑いながら困っていたら、オットがポツリ。

 

 

たまにはダンナらしいことさせてぇや・・・

と。

 

 

私、ハッとしました。

 

 

「うん、、、ありがとう、、、」

 

 

ありがたく頂きました。

 

 

なんて優しい人なんだろう。

 

 

結婚した意味なんてこれだけで、そしてこの先も十分な気がしました。

 

 

 

いや実は、オットの給料だけでやりくりしている以上、私はその1万円を頂いたら、その1万円分どこかを家計から削らなきゃいけないんです。

オットはそのことを何も気づいてないみたいなんです。

 

 

全然気づいてないみたいです。(笑)

 

 

でも、気持ちが嬉しい。

 

 

結構トガってる日々が続いてたことも反省。

オットよ、ありがとう~!!!

 

 

どんなお金よりも価値のあるお金だよ。