読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湖畔より結構離れた山からの日記

30's前半、結婚を機に全くの新天地へ。Lifestyleまるごと一変。チキンな日々を自虐と笑いに変えて惜しげもなく披露します。

○スを極めちゃってる奴らは身近にもいるのだ

 

見るまい、見るまいと思っていた、昨日放送の「金曜日のスマイルたちへ」ですが、ちょうど夕食の片づけが一段落した時にええタイミングで始まったんで、思わずテレビを付けてしまいました。

 

いや、気になってたんですよ。おばさん根性ですね。

 

渦中の彼女が全くうそを言っていないとしたら、まさに騒動の根源である男性は○スを極めちゃってるわけなんですが、

この男性が言ってることやそれに対してBッキーの感じた気持ち、まさにちょっと似たような体験を若かりし頃にしまして・・・

 

※不倫ではありません。ただ、まさに『叶わぬ恋』でした。

 

Bッキーの場合 私の場合

「実家に連れて行ってくれるということは、前向きに考えてくれてるんじゃないかと、いいように取ってしまった

「毎日毎日どんなに仕事で疲れていても、必ず私に電話をくれる」という事実から、気持ちがつながっているといいように取っていた

電話でもまぁ思わせぶりなことを言われる言われる

「今の状況に蹴りがつくまでは友達でいよう」という感じだった ←そうそう、まさにそれ(笑)

「これはいけない、好きじゃない、好きじゃない」・・・とまず頭で考えて、それから心がついて行った感じ(言い聞かせた形で気持ちを断ち切った)

けど、すごく、好きだった

けんか別れではなく、私があいまいな状況に疲れた。その時もBッキーと同様、まず電話に出なくなり、気持ちを断ち切るべく、訳のわからない時間の使い方に夢中になる日々を送る。

でも、しばらくはSNSや人づてに聞く彼のうわさに耳ダンボ(笑)

結局は本当に気持ちが消えるまで数か月はかかった。

感情に溺れて周りが見えなくなっていた。愚かだった。 ←これもまさにそれ。けど、男の方は壊れていく女を見ても冷静(というか我関せずという立場?)なので、ますます傷付いていく。

 

自分から気を寄せた女の気持ちと向き合うこともせず、常に自分の感情と行動を優先する男なんて、

芸能人と一般人、アーティストと会社員、などなど、活躍するフィールドや立場が違ったって、根っこのところはみ~んな一緒。

 

ゲスあ、言っちゃったを、本人も知らず知らずのうちに黒帯まで極めちゃってる男なんて、本当にすぐ身近にいるもんです。

恋人募集中の女性なら尚更、引っかかってもおかしくない。

だって本当にすぐそこにいるから、何かのきっかけでそいつと知り合って恋に落ちるなんてかなりの高確率だと思う。

 

しかもそういうクジを引き当てる時って、大体自分がイケイケな時or弱ってる時、なんですよね。

どっちの状態の時も、自分を一歩引いて観ることができない・・・というか、そういう発想が皆無。

 

メンタルはHighでもLowでも危険。

変なものに魅力を感じて、結果、大事なものを失うことになる可能性大。

Bッキーも言ってましたが、「ちょっといけないな」という恋愛において、かけるべきブレーキのポイントは沢山あるんです。

それが見えなかったり、見て見ぬふりをする・・・

普段なら「何言ってんのコイツ」と思える男の発言も、「ワタシを想ってるからこそなのね」と脳内変換されてしまう。

 

あーコワ!!!

 

仕事と一緒で、最初の「?」をさっさと解消してしまえば、自分の痛手も最小限に済むんですけどね。

 

他人同士が普通の人以上の感情を持ってお互いに距離を縮めていくという行為は、非日常であり、ある意味恐ろしいこと、ぐらいの視点を持って恋愛をするのがちょうどいいんじゃないかなと、30過ぎた私は思うわけです・・・

 

今回はもちろん奥さんが一番の被害者ですね。

○スと同じような年齢だったよね?この若さで一生残る心の傷を負ってしまったこと・・・

想像するだけで・・・いたたまれません。

 

大体私なんて、前出の表の男に振り回された後にまた同じような男に翻弄されてしまいました。

次に現れる男のタイプが少し違うと、ゲスの要素を持っているかどうかを見抜く勉強をしたはずなのに、応用できなくなるんですよね~。

 

でも今思えばゲスの共通要素なんてたくさんあって、分かりやすいもんです。

もしこれを偶然にも読んでくださってる貴女がそういう状況で悩んでいる場合は・・・

どうか、数学の証明問題を解くように。

常識や人情やちょっとした幸せみたいな、貴女の人生で学んできた貴重な公式をソイツに当てはめて、本当に貴女を最後まで幸せにしてくれる男かどうか、ノートとペンを持って検証してみてください。

 

Bッキーは、今後の人生、女性として賢くあれ。