日常に恋する日常

見たもの、考えたことや感じたことを記し続けることで、知らないじぶんが見えてくると信じている30代のじぶん掘り下げ日記。

つぶやき

初めてのフルタイムパート

求職中に知ったんですけど、企業の就業時間いっぱい拘束されるけど身分はパートという状態をフルタイムパートと言うんですね〜。 ま、パートだし仕事にそんな責任は無いだろうと思い、とある企業に応募し採用され、働き出しました。 今まで派遣社員、契約社…

あつあつ、むき出しの感情

昨年退職した職場の女性たちに誘われ、久しぶりにご飯で再会しました。 辞めてもこうして声を掛けて頂けるのは本当にありがたいなぁと思います。 ほぼ同年代で3人揃っていたのも、奇跡だなぁ。 その時、その中の一人が、とある行動が元で、パートのおばちゃ…

ネガティブな検索をしない。

ついついネガティブな検索をして、時間をごっそり奪われてしまう(正しくは自分で奪い取る行為をしてるんだけど)という自分がいい加減嫌になりました。 嫌になるのが遅いけど。 たとえば今の私の状態なら 「仕事 見つからない」 とかから始まり、 気が付く…

気分良くいながらにして実現してみせるよ

特に何を書きたいと思って書いているわけでもないので、散文になります。 いい求人が何件かあったものの、なんだか踏ん切りがつかず、応募を見送ったら、この1週間以上、ものの見事に響く求人が1件もありません。 私は引き寄せの法則「信者」ではありません…

ヨガを見よう見まねで始めて1ヶ月、あまり甘いお菓子が要らなくなった

昔々、友人に誘われて、ヨガレッスンを受けに行きました。 公民館で行われるので、1レッスンあたりの値段もびっくりするくらい良心的、先生もすごく優しい。 なのに、続けることが難しかったんです。 おそらく、元来の飽き性な性格のせいではあるのですが、…

理想だと思ってたこととは違う現実を歩きがちな私

前職を辞めて、半年が経過。 貯金を切り崩す専業主婦生活にもそろそろ別れを告げなければと思ってるところ。 この半年、会社員生活では全然出来なかったことを存分にしたな〜 図書館通い! 映画観まくり! 1週間、ど平日を挟んだ旅行も行った! 英語も細々と…

コンパクトバスタオルとやら

贈り物で、コンパクトバスタオルを頂きました。 今、ミニマリストさんやシンプルライフを楽しむ方々の間で流行っているらしい、コンパクトバスタオル。 今から書くのは、そもそもそのバスタオルがライフスタイルに合わないという家庭(つまり我が家)の話で…

アイズワイドシャット(意味違いだしR18でもなんでもない)を実践した話

昨日は、イオンシネマのハッピーマンデー!一部対象外店舗もあるそうですが、終日1100円で映画が観れる月曜日。(レディースデーなるものが無いようです) 1100円なんて激安。無職の私のお財布にとても優しい。ということで、夫と2人で出かけることにしまし…

マイブックを20年近く越しに書き始めてみました

先日実家に帰省した時に、かつて使っていた学習机の引き出しから出てきたのは、 思春期真っ只中の、暗黒の「マイブック」でした。 マイブックとは、新潮社が毎年出版している、日付以外は白紙の文庫本。 マイブック 2019年の記録 (新潮文庫) [ 大貫 卓也 ]…

女性の危機感とは何ぞや

オンラインゲーム関連の悲しいニュースが連日流れています。 ニュースサイトのコメントには、「この時代、SNSではイケメンに成りすましている男が絶対いるから気を付けないと」とか「こんな時代だから、男に対して危機感を持つよう教育しないと」や、「悪い…

パートナーが転職するとしたら?

※ただの雑記です。 最近、周りでは、夫婦のうち夫が転職するという転機を迎えているカップルが数組います。なんなら私の夫も先日10年ぶりくらいに転職しました。(ちなみに、専業主夫や、妻の方が稼いでいる家庭は私の周りには今のところナシ。) 都市部なら…

これまで、出産祝いとして喜ばれたもの載せます

34歳、子供いません。(できません) 私たち夫婦のモットーは、「お祝い事はケチケチしない!真剣に選ぶ!」です! 34歳ともなれば、もうそれはそれは色んな人へ出産祝いを送ってきました。 会社の先輩、後輩、友人、家族親戚。 どれもこれも、独身時代は1人…

近所のコンビニ「Y本さん」との接近戦

近所のコンビニに、「Y本さん」というとってもフレンドリーな店員さん(推定40歳半ば)がいらっしゃいます。 「いらっしゃいませ~!」 笑顔!元気! カードを直接手に渡すと「ご丁寧にありがとうございます!」 雪の降る日には「よく積もりますね~大変で…

「これからもずっと、このままで」はありえないって話

すごく若い頃は、今以上に周りの人間関係によって自分の日常と世界が成立していた。 高校生の時は、苦楽を共にした部活の部員といつも一緒。 大学生の時は、同じクラスやゼミの友達と一緒。 社会人になってからも、学生時代の友達との付き合いはそれなりに続…

分かれば苦労しない、「行きたい場所」

お題「行きたい場所」 行きたい場所なら沢山ある。 最近では香港に行ってみたいと思い、ちょっとずつ貯金してみたり。 旅行雑誌「TRANJIT」で取り上げられた国を見ると途端に行きたくなったり。 スターバックスが好きなのだけれど、田舎なので、スターバック…

天罰は下るはずなので、同じ土俵には上がらない

はめられた。 今も現在進行形ではめられている。 先月、こんな頭のおかしな奴かつ裏切り者がマジでこの世に存在するんだな、って出来事に巻き込まれました。 人生初、あまりの衝撃に、巻き込まれていた1ヶ月ほどご飯が食べられなくなり、生気もなくなり、正…

【続】フチなしトイレのジレンマ(1つは解決)

以前、こんな記事をアップしました。 フチレストイレにより生じた苦悩。 ryuohgrl2015.hatenablog.com その中で、便座フタ裏のゴム部分に付着した「赤い汚れ」が定着したまま消えなくなってしまったと悲しみの投稿をした私。 この赤い汚れを何とかしようと色…

休日は「判断」しない。心身ともに欲している時間とものを「選ぶ」。

仕事をしていたら「判断」の繰り返し。 「こうすべき」というルールに従って業務をこなすのが当たり前。 特別なプロジェクトとかは別ですが、ルーティンワークは業務フローに沿って進めるのがお給料をもらう大原則。 何でも自分の好き勝手な選択で業務を進め…

課題は、「この人と働きたい」と思ってもらえる人になること。

最近の私は、鬼です。 鬼のような心に支配されています。 ぶっちゃけて言うと 「お子さんがいるメンバーの態度に腹立ってしまう」 って事です。 (現在内勤スタッフにお母さんが数人いる、そして子供いないのは私だけ) お子さんの熱 学校行事 子供会 預かっ…

【読書】ブレイン・プログラミング(感想切り分け・1)

楽天ブックス: 自動的に夢がかなっていくブレイン・プログラミング - アラン・ピーズ - 9784763135520 : 本 自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング 作者: アラン・ピーズ,バーバラ・ピーズ,市中芳江 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2…

生理が自分を振り回すことをもっと早く知っときゃ良かった、と思うことがある

初潮が来てから20代に突入するまでは、思春期ということもあったのか、 周りに対して何故か常にイライラ。 憎悪と怒りだけで突っ走ってきた気がする。 誰かに噛みつくということはなかったけど、何かに怒りながら毎日過ごしていた感じ。 それが大人になるに…

メガネを外すと眠くなる

帰宅すると真っ先にコンタクトを外す。 その瞬間広がるのは、半径1メートルより外がボワンボワンにぼやけた世界 夕食後のテレビはもちろんぼやけてる。 テレビが大きめだから何となく鑑賞できてるけど、部屋の風景が全体的にぼやけているせいなのか、ソッコ…

心の底からの叫び「自由になりたい!」

ふと、天から降ってきた言葉。 「自由になりたい!」 自由とは何だろう? 私のとりあえずの現状として、1年半前に再就職して以来、仕事を辞めたいという気持ちをずーっと持ちながら仕事をしている。 始めての営業事務。(募集には一般事務って書いてあったの…

自治体運営のジムに通いだしました~

数ヶ月前に受けた健康診断。 全て正常値ではあったものの、ボーダーラインぎりぎりの数値がありました。 それは「悪玉コレステロール」・・・!!! (私、ちょこちょこダンスしたりしてるんですけど、それももう30過ぎてから日常練習なんてほぼしていないし…

雨が好きだと、家時間と昼寝が楽しい!

予定のない休日に雨が降ってきたら、ラッキー!と思っちゃう。 外出は確かに少し煩わしいけど、雨の中の用事でなければ、建物の中に入れば大丈夫だし。 雨の音を聴きながらコーヒー飲んだり。 庭の木々や窓ガラスの雨粒で、家もいつもと違う形になる。 時間…

第三者の分析により人生とキャリアがぼやけた話

先日、前職でお世話になった人達と忘年会へ。 辞めて2年以上経つのにこうして交流が続いているのは本当に嬉しく、ありがたい。 私は最近、ぼんやりとではあるけど、 ●仕事を来年丸2年迎える月で辞めること ●しばらくフルタイムでなくパートタイムで働くこと …

恋愛に振り回されている人へ。自分を生きよう。

20代真ん中くらいに立て続けに不幸な恋愛をしました。 最後の人とは何となく連絡も来なくなり、気が付けばせっかくの休日もそいつのSNSでログイン時間とかをチェックしてしまうような最悪な女に。 予定のない休日に、モヤモヤを断ち切りたくて、日帰り旅行…

無生産な時間も自分を作る過程

ここ最近、日曜日に誰かと会うような予定を入れるのがものすごく嫌になりました。 歳重ねて、翌日に仕事を控えた状態で休日をフルに動き続けるのがしんどくなったってのも正直大きいけど…(笑) 20代は、誘いがあれば予定を組み、平日も休日もしっちゃかめっ…

鬼だと思っていた人からの助けで自分の目に涙

13日の金曜日・・・ それはそれは、とてもその伝説にふさわしい、私にとってとんでもない日でした。 事情と事情の板挟みになり、小さい事務所だからマジでわーわーうるさかったかも(笑) 運悪く直属の上司たちは全員他県へ外出。大ピンチ。 マジでヤバイ…

泣いているあなたは偉いんだ

今思えば、私は人生の節目節目で泣いていた。 私は一人っ子だ。 今でこそ珍しくないとは言われるが、小さい頃、周りの大人が「一人っ子なのね」と声をかけるのには、決してポジティブな意味合いが込められているわけではないことを何となく理解していた。 小…