日常に恋する日常

見たもの、考えたことや感じたことを記し続けることで、知らないじぶんが見えてくると信じている30代のじぶん掘り下げ日記。

宮古島

f:id:ryuohgrl:20190427133819j:plain

 

宮古島に1週間行ってきました。でもそれは去年の11月の話・・・

お土産の記事などを書いただけで後は放置してました。

 

振り返ろうにも、いざこうして思い返してみたら、1週間、どこかに行っては海がきれい~!という毎日の繰り返しだったのです。だから、他の人のような旅行記は絶対に書けない。あるのは写真と自分の体と頭がおぼえている感触だけ。私にとっての旅行なんてそんなもんです。(旅行自体は大好きだけど)

 

島自体は2日間で一周しました。想像よりも大きくもなく小さくもなくという感じ。

どこに行っても海がきれい。もう、宮古島の感想と言えばそれだけ。(笑)

f:id:ryuohgrl:20190131204248j:plain

f:id:ryuohgrl:20190427134534j:plain

 

f:id:ryuohgrl:20190427134808j:plain

 

朝起きて、朝食を食べてとりあえず車に乗る。昨夜なんとなく話していたスポットへ向かい車を走らせる。途中、ビーチがあれば止まる。海が綺麗すぎて全員半ギレになり、また車を走らせる。そんなふらっとした旅でした。

 

そんな女4人が絶景過ぎてぶちギレたのが、「三角点」と「イグアナ岩」。

泊まっていたゲストハウスのスタッフさん(他県から来た住み込みのバイト君)に教えてもらって行って来たのですが、これが、危険すぎるからもしくは人が殺到してしまうからという理由で、Googleマップから位置情報を消しているそうです。

そこに行くには、道路上に書かれたマークや印が手掛かりになるのです。ちょっとした冒険気分を味わえます。

 

帰ってきてから写真を見返してみたら、やはりすごい絶景。

が、女4人の気楽な旅。終始人任せで動いていた私は、撮った写真を見てもどっちがどっちなのか分からなくなりました(笑)

 

道路上の印を見つけてからは、けもの道やツタみたいな植物をかき分け、断崖絶壁にたどり着きます。多分、落ちたら命はないし、彼氏との旅行だからと言って可愛いサンダルで行こうと思っても難しい。たどり着いても、足を滑らせて本当に命が危ないと思います。

 

気になった方は検索してみてください。私は、この息をのむような絶景に人が殺到するのも嫌だし、命の保証もできない。ので、写真のみにとどめることにします。(どっちが三角点でどっちがイグアナ岩だったか分かんないけどね!いや、この写真、同じかも笑)

 

f:id:ryuohgrl:20190427141359j:image
f:id:ryuohgrl:20190427141356j:image

 

確かよしもとばななさんだったと思うのですが、著書の中で、「旅している最中は必死であまり感動するほどの心の余裕がなく、帰ってから日が経つにつれ感動が増す」という風なことを書かれていた気がします。まさに旅ってその通りだなぁと。4か月経った今が感動のピークで、今月はフォトブックも作りました。

 

宮古島は今不動産バブルで、1Rを借りるのも12万円ほどするそう。下手すりゃ都心よりも高かったりする?色んなホテルなどが建設中でした。職人さんも全然足りていないそうです。そのうちクルーズ船などが寄港するようになると、観光客も増え、外国人でごった返すのじゃないかとのことを地元のお兄さんから聞きました。

私が思うに、宮古島は静かで小さく、あまりにも美しすぎる。このバブルは、悲しいけど、将来景観を損なってしまうであろうことは容易に想像出来ます。

 

この島には必ずもう一度来たいと思いました。旅行してきた中で、もう一度来たいと思うところなんて、人生で1か所もなかったのに。

次行くときには、どうなっているんだろう。

 

 

コンパクトバスタオルとやら

贈り物で、コンパクトバスタオルを頂きました。

 

今、ミニマリストさんやシンプルライフを楽しむ方々の間で流行っているらしい、コンパクトバスタオル。

今から書くのは、そもそもそのバスタオルがライフスタイルに合わないという家庭(つまり我が家)の話です。

 

そのバスタオル、普通のバスタオルより一回りくらい小さいので、使い勝手が良いし場所も取らないなど、色々な点が評価されているそうです。

 

はい、我が家、何一つも当てはまりませんw

 

それは以下の理由によるもの。

  1. 旦那の身長がめちゃめちゃ高い
  2. 身長が低い私は大きいバスタオルが好き
  3. フェイスタオルとして使おうにも、我が家には洗面所にタオル掛けがない
  4. 子どもにはちょうど良さそうだが子どもがいない

 

まず

①「旦那の身長がめちゃめちゃ高い」 問題

 

うちの旦那は背が高い。190近くあります。なので、このコンパクトバスタオルは彼にとってはフェイスタオルくらいのもの。巨人には小さすぎる。というわけで、バスタオルとしての機能に絞るのであれば、妻の私しか使えない大きさです。

普段、タオルを頂いた場合は、ボロくなってきた古タオルを雑巾候補として回し、メンバーチェンジを行うのですが、私しか使えないとなるとそのメンバーチェンジもできない。スペースが減るどころか、タオル1枚分のスペースが増えてしまいました。

 

そして

②身長が低い私は大きいバスタオルが好きなのです

 

旦那が使えないとなると私専用のバスタオルになりますが、そもそも私は馬鹿でかいバスタオルが大好きなのです。祖母の法事の粗供養が大判バスタオルだったときは、帰りの電車でガサっ!ドカっ!とぶつかりながら持ち帰るのに苦労したものの、ウキウキでした。

ホテルに泊まった時もあの分厚くですごくでかいタオルを使えるのが本当に幸せ~。ちなみに、洗濯は好きな家事なので、大きかろうが乾きにくかろうが気になりません。

このコンパクトバスタオルは、全身を拭いたら結構びしょびしょ。ほんのり濡れたタオルで髪の毛を最後に拭きあげるのが、結構ストレスでした。通常のバスタオルなら、体を拭いてもまだ乾いてるスペースがあるんだけども、すぐに全部濡れてしまうのが残念。

 

 

続いて

③フェイスタオルとして使おうにも、我が家には洗面所にタオル掛けがない 問題

 

じゃあ洗面やトイレとかでフェイスタオルとして使えばいいのでは?という点については試しました。

トイレは・・・トイレには不釣り合いな大きさですが、手拭きとして使える。が、我が家の洗面台には、タオル掛けが無いのです。

どっかの国から輸入して取り付けてもらった、見た目重視で機能が削がれた(にしても削がれすぎ)洗面台なので、ホームセンターで買ったタオルフックを収納扉に取り付けた上でタオルを下げているのですが、このバスタオルを掛けたら、床に擦ってしまう。前後を均等に調整しても床上1cmあるかないか。擦らないよう、時々しゃがんで真横からしっかり長さをチェックするという、一人で巡回点検を実施してる状態。

ということで、バスタオルとして使わないのであれば、トイレの手拭き一択しかないという、高級タオルにしては何とも使い道が限定されていて悲しい展開。

 

 

最後に

④子どもにはちょうど良さそうだが子どもがいない

大人がだめなら子どもさんには丁度良さそうですが、残念なことに夫婦二人暮らしです。ということで、未だにトイレの手拭き一択しか用途がありません。

 

 

よくQ&Aサイトで、タオルがたまってしゃ~ない!という質問を見かけますが、私はタオルが好きなのでタオルがそんなにたくさんあるなんて羨ましい。贈り物で良いタオルを貰うとめちゃめちゃ嬉しい。お風呂上りやちょっと手を洗った後に幸せを感じるから。(単純)

しか~し!最近流行のサイズは、我が家においては、身体的にも家の構造的にもちょっと難しかった。物が高級なだけに本当に残念。

もし、このサイズのタオルをギフトとして考えられている方は、「あくまでも私は」無難なサイズをお勧めします~。「タオルなら使ってもらえるし困らないだろう」は間違いありません。現に、私はタオルを頂いたらとても嬉しい。

しかし、定番の大きさにはハズさない良さがあるからこそ、定番なんだと思うので・・・。流行に乗りたくても乗れない、こんな家もあるんです、ということで。

おわり。

アイズワイドシャット(意味違いだしR18でもなんでもない)を実践した話

昨日は、イオンシネマのハッピーマンデー!一部対象外店舗もあるそうですが、終日1100円で映画が観れる月曜日。(レディースデーなるものが無いようです)

1100円なんて激安。無職の私のお財布にとても優しい。ということで、夫と2人で出かけることにしました。目指すはお昼前の回。

 

出発前にふと財布に目をやると、いつも入れているスペースに免許証が無い。あれ、おかしいな、どこやったっけ・・・と探すも、やはり無い。

しばらくして、その前日に、とあるリサイクルショップ(ちょっとゲームマニア寄りの雰囲気で、色んなジャンルの中古品を売っているお店)に洋服を売りに行った際、身分証明として私の免許証を提示したのを思い出しました。いつもコピーを取られるのです。

提示した後の記憶はもちろんないのですが、お店で返却してもらっていない、もしくはその近くで落としている?というくらいしか心当たりがなかったので、お店の連絡先をググって電話しました。

 

HPによると、営業時間は午前10時から。

最初の電話1コール目は10時半くらい。

「(呼び出し音2回)・・・」

私「?つながった?もしもし?」

「そうそう!私それ覚えてるわ~・・・ガヤガヤ(周囲の音)・・・♪♪♪~(保留音)・・・」

 

おいおい。混線してるのかな。違う回線の電話に出ちゃうことってあるよね。でも明らかに電話中の雰囲気じゃないよね?もう一回かけてみよう・・・

 

通話中・・・

 

もう一回・・・

 

通話中・・・

 

これを1分おきに繰り返し、45分は経っていました。(汗)

 

いやぁもう、私が落としたのかもしれないし、お店にもないのかもしれないけど、45分間話し中はおかしいだろ。

むしろ免許がないイライラよりも電話が繋がらないことに腹が立つという変な状況に、感情も戸惑っちゃって腹立っちゃって、わぁ~なんだか10代の時みたい。でも若返りを喜んでいる場合じゃない。映画を観たいのよ!!!

 

映画館とは真逆の方向になるが仕方ない!もう直接行くしかない!

無かったら遺失物届を出して再発行までしなけりゃならない。そうなったら、今から観に行く「運び屋」のように自分も直ちにあちこちへ走らにゃならん。勘弁してほしい。

夫の運転で直接お店に行ったのです。

 

真っ先に、服の買い取りカウンターに行き、聞こうと覗き込んだところ、いたのはずっと年下の可愛らしいバイトのギャル2人。

すいません、と呼び止めたら、目だけ見開いて笑顔なし。これは期待できない部類のギャルかもしれない・・・

 

私「昨日ここで服買い取ってもらったんですけど、免許証残ってません?」

ギャル「えっ!?」(笑顔なし)

 

そしてもう1人のギャルとプリンター周りや色んな所を探してくれ、「無いやんなぁ。聞いてないやんなぁ。」と周囲をくるくる。

 

ギャル「誰が買い取りしました?(私:誰、って分かるかよ・・・)男の人ですかぁ?」

私「男性ですね。」

ギャル「男の人でした~?」

 

その間、もう1人のギャルが中央レジへ行ってくれる。

 

私「朝から電話してるんですけど、1回も繋がらないんですけど。受話器上がってたりしません?」

ギャル「(被せ気味に)それって何時頃でした?(おそらく、私が営業時間前にかけてたんちゃうん的な雰囲気)」

私「11時以降。」

ギャル「え~・・・。だったら誰か電話してたかもしれないですね。」

私「1時間も?(怒)」

ギャル「やー、それは分かんないです。

 

・・・

 

・・・

 

ふんんんんんんんん~~~~~~!!!!!!!

 

 

じゃぁそれっぽいこと言うなよ!!!!!!笑

 

免許証については、私が無くしたかもしれない可能性が現時点では高いことは認めよう。

けど、

けど!!!!

 

お ま え !  !  !

 

もう何かやり場のない感情が爆発しそうになり、私の眼は気付かれないように OPENED MAX!!

大人だからこらえてやってるけど、お ま え ! ! !

その態度については黙ってやるけど、も! !  !

 

 先日観た映画「アイズワイドシャット (Eyes Wide Shut) 」がふと頭の中に浮かんだ。

目ぇでっかく開いて瞑っとけ!という真逆の意味の言葉。

こんな意味じゃないと思うけど、状況的にはまさにこれ!

 

幸いもう1人のギャルはまだ笑顔だったので、連絡先を渡して一旦退店。連絡先書くとき手震えた(怒った時の私の特徴。ただし何年に1度かしかならない)ので字もぐっちゃぐちゃ。

 

車に戻り、もう一度家に戻る。

あらゆる場所を探したけど、やっぱり無い。もう心当たりも無い。

 

手短に家族会議。

次の回の映画を観るか。

遺失物届を出し、映画を観、明日免許センターにて免許の再交付を受けるか。

遺失物届を出し、そのまま今日は免許センターに行くコースにするか。映画はお預け。

もう疲れたので、帰るか(笑)

 

常に石橋を叩きまくる私の頭の中は、一瞬にして色んな事態をシミュレーション。これがこういう時には本当に邪魔。急な時に気持ちが事態への対処を妨げまくる。

 

その間、各都道府県警のHPには、落し物情報なるものが掲載されていることを知る。

試しに検索してみる。

落としたのは、3月17日~とのみ検索してみたら、なんとこの辺のエリアで3件もヒット。と同時に、この田舎で3件も免許証紛失仲間がいることに驚き。

それならば警察に電話をしてみよう!という段になって、念のためその情報の更新日を見ると、先週末の金曜日。昨日落としたとしても日曜日なので、まだこの情報には反映されていない。期間指定で引っかかってしまったのは検索機能の落とし穴なのか。税金でこういうシステム作れるんなら、細かいところまで検証してくれ・・・。民間企業ならHP立ち上げ前の検証なんてきっとこれくらい当たり前だよ・・・

 

悪用されたらどうしよう・・・

嫌だ・・・

 

嫌だ・・・

 

・・・

 

あははは~~~もうどうしたらいいか分かんないよ~~~考えるのが嫌だよ~んへへへもう一旦考えるのや~めよ~~

 

 

(私の短所:他人(特に夫)に散々不安を口にした後、一気に疲れ、考えることを一切放棄する。夫、話聞くだけ無駄)

 

 

ということで急いで次回の上映時間に滑り込むべく映画館へGO!

予想到着時間は上映開始時間まさにオンタイム!

予告編が15分はあると考えて、ドリンクくらいは買えるはず!

着いた!チケット買えた!ドリンク1つ買わせて!!

 

・・・私たちの目の前の売店は、まさにハッピーマンデー状態。

まだ14時なのに高学年の子ども多いな・・・女子高生も多すぎ・・・ねぇまさかあんたたち学校サボってるの?ポップコーンなんて何味でもいいからさっさと決めてー!!

 

結果、進まない列に並ぶこと5分、ドリンクを諦め、喉カラッカラのまま乾燥した館内へ・・・

なんて日だ・・・まだ半日しか経っていないのに・・・

 

気を取り直して、口呼吸しないように、「運び屋」を観よう・・・

 

wwws.warnerbros.co.jp

 

※すっごくすっごく良かったです。

 

上映時間も残すところ30分。まぁまぁ鬼気迫るシーンで、BGMも抑えめの中・・・

 

そう、まったく真逆のテンションの音が静かに鳴り出したのです・・・

youtu.be

 

(この着信音にしてる人、自分以外でまだ出会ったことない)

 

うわぁぁぁぁぁ

 

バカぁぁぁぁぁ

 

ごめんなさいぃぃぃぃ

 

なんとか映画館に滑り込んだものの、あの「マナーモードにしてください」の映像が終わってから入館したので、マナーモードにできていなかったのです・・・

www.youtube.com

 

もう・・・

 

申し訳なさと恥ずかしさで、結構大事なシーンのその後数分間は記憶にありません。

 

人生初の失態を犯した上映が終わり、映画館から出て着信を確認したら、義母。

「この間の旅行のお土産でカニ買ってきてるさかいに寄って~♪」

 

お母さん、ありがとう。

 

まだ言ってなかったんだけど、

 

あなたの息子、先日、カニアレルギーを発症したよ。

 

旅行に行く前に伝えておくべきだったかな。

 

 

へへ、カニカニね・・・着信音、うん、カニね・・・ありがたいけど・・・

 

ここまで起こったいろんな出来事に脳みそは思考停止。

カニを受け取ってありがたく頂こう。私だけ。

 

と、ヘロヘロのていで実家に立ち寄ったところ、見慣れた市外局番から電話が。

まさか。

 

私「もしもし」

相手「あの、リサイクルショップの者です。

 

大変申し訳ありません。昨日の夜10時に発見していたのですが、夜中だったので、お電話しなかったんです。お届けしましょうか・・・」

 

私「はぁ・・・」

 

 

夜10時には発見していたと。

 

人の大事な免許証を。

 

口ぶりからして、おそらく、やっぱり向こうの返却忘れ。

 

で?

 

今。17時。

 

17時!!!!!

 

お ま え ! ! !

 

引き継ぎって言葉、知ってるか!!!!?????

 

 

私「今日そっち寄れたら寄ります。寄れなかったら電話します。またその時は考えます。」

 

 

もうさ、私さ、あんたらに家に来てもらうのも嫌だよ。取りに行くよ。行きますよ。

 

そして、本日2回目、店の中央カウンターへ。

 

バイト「(笑顔なし)いらっしゃーせ」

私「今日、免許証預かってもらってるんですよ」

 

バイト「え?免許証・・・?」

 

私「・・・」

 

数秒後、社員さんが気付いて免許証を返してくれました。

その免許証が、ギャルが入っていった中央カウンターの柱に堂々と磔にされていたことはもう思い出すまい・・・

いつからそこにあったのかな?

そして、個人情報の塊(表面)を店の柱に思いっきり貼るのもどうかな?

 

いや、もう私は何も言うまい・・・アイズワイドシャット・・・アイズワイドシャット・・・

 

アイズワイドシャットのまま、免許証を受け取る私・・・

 

1000円のお買物券を付けてくれ、店を立ち去る私たち夫婦・・・

 

いつも夜には疲れた心を癒してくれる田舎の星も、黄砂なの?花粉なの?それともアイズワイドシャットのせいなの?今夜は霞んで見えないよ・・・

 

 

ただやはりこれだけは笑顔でこの店に言いたい。

 

「引き継ぎって言葉、お前ら知ってるか」

 

 

マイブックを20年近く越しに書き始めてみました

先日実家に帰省した時に、かつて使っていた学習机の引き出しから出てきたのは、

思春期真っ只中の、暗黒の「マイブック」でした。

 

マイブックとは、新潮社が毎年出版している、日付以外は白紙の文庫本。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マイブック 2019年の記録 (新潮文庫) [ 大貫 卓也 ]
価格:399円(税込、送料無料) (2019/3/7時点)

楽天で購入

 

どんな使い方をするかはあなた次第!ということです。

ちなみに著者欄も空欄(自分の名前を書ける)ので、中身はほぼ空白とはいえ本格的な作りです。

 

このマイブックが刊行された初めての年、友人から面白いもの見つけたよとプレゼントされました。

確かそれが高校1年生の時だったかな…早速日記帳として使い始めました。

 

が。

 

このブログでも滲み出てますが、私は三日坊主(本当にいろんな事を3日で忘れてしまい継続できない)、おまけに超飽きっぽいというどうしようもない性格のため、高校時代にはついに1冊も書き上げられませんでした。そう、最初は楽しかったんだけどね…

 

ただ、この暗黒時代のマイブック、20代の時はその内容が恥ずかしすぎる故に、顔から火が出そうで読み返すことすらできなかったんですが、35歳というアラフォーになると、スイスイ読めるんですよ。自分の歴史を紐解いている気分で、自分のことなのに他人の目線で読めて、目頭が熱くなり、ついには愛おしすぎて実家から現在の住居に連れて帰ってきました。

 

 

スクールカーストに苦しんだ自分

 

高校は本当に面白くなかったんです。かろうじて部活は超強かったので、打ち込めるものはあったんですが、それでも1日の大半を過ごすクラスは苦痛で仕方なかった。

大人には分かりづらい世界ですが、子供にとって日々の運命が決まるスクールカースト。毎日毎日、悩みが綴られていました。

今考えると、カーストの上の方に行ったって多分その子たちとは気が合わないから、なるべくしてなった友人関係なのですが、どうもしっくりこない友人と共に毎日悩んでは愚痴をこぼしていたようです。

キラキラした子に憧れと嫉妬があったんでしょうかね。

この歳になってその気持ちが綴られた毎日を読み返すと、それでも一生懸命学校に通っていた自分というものが見えてきます。社会人になってからの方が、手を抜くことを覚えたし、休日の気分転換も自分のお金でできるようになったし、だいぶ生きやすくなりました。が、子供にとっては学校が全ての世界。逃げるという選択肢は怖くて取れません。

友人関係をカーストで捉える概念の歪みは反省するとして、嫌なフィールドにそれでも頑張って通い続けた自分がいました。涙しながら、もがきながら。

それだけですごい、私はすごいことをしていたんだと。

学校に通うという、普通にできる子には何ともない行為ですが、私にとっては生きる意味さえ分からなくなりそうな程の苦行でした。それを不器用ながらもこなしていた毎日が、しっかりとページに刻まれていました。

ああ、愛おしい!若き日の自分が愛おしすぎて泣ける!!涙!

 

 

最高にショックな日の出来事で終わっている

 

1冊目は、自分たちの力不足から、全国大会出場を久し振りに途絶えさせてしまった大会の日。

2冊目は、ずっとお付き合いしていた彼氏に振られた日。

どちらもおかしくなりそうな程泣き腫らしたのを覚えています。

マイブックは、その大きな2つの出来事の前日で終わっていました。つまり、そんな出来事はショックで書き記すこともできず、それ以降の日々も書くことができなくなったようなのです。

この途切れた部分まで読み進めた時、自分の絶望がすごく蘇りました。(笑)

本当にショックな事が起こると、それまでできていた事や習慣づけていた事が何もできなくなってしまう。それを、身を以て体験していたのです。しかも、2年連続で(笑)

大人でも、子供でも、すごくすごく傷ついたり、自分の力不足に落胆したり、もう前を向けないと思うことがある。その出来事に、大きい小さいはありません。立ち向かうのは自分しかいないのだから。

それでも、今こうして私が生きていることに深く感動したのです。

 

常に過去と今を対比して物思いに耽ってしまう。

私のように、「今まで頑張ってきた私エライ!今までも大丈夫だったから頑張れ!よくやってきた!」と、過去の自分を褒め称えながら自らを奮い立たせるタイプの人(笑)には、マイブックで日記をつけることが、 未来の自分に向けた最高のセラピーになるんじゃないかと思うのです。

 

というわけで、今年から再開しました。

今のところ1日も途切れず続いています。これを書き上げる事を今年の目標にしました。

思春期をとうに超え、だいぶ大人になった今なら、どんなことがあっても何かしら毎日書き続けることはできるでしょう。

文庫本の装丁そのままなので、1冊の本を自分の日常で仕上げていくという面白さも良い。

本にする程でない日常も、1ページとして刻まれるのは、普通の日記帳とはまた違った快感があります。

無職の今は日々の晩御飯と行動をつけるだけの飼育日記みたいなもんですが(笑)、この飼育日記も、きっと何年か後、つまづいた時の最高のセラピー本になると信じています。

(続編)勝手に予想。ブルックリンナインナインの日本未配信分について。

前回、おもにブルックリンナインナインのseason5の展開予想の記事を書きました。

1記事に収めようと思ったけどつい熱くなってしまい、続編を。

前回はプロポーズから結婚準備に至る様子を紹介しました。

 

【ご注意】

今から紹介するのは、Brooklyn-nine nineの公式Youtubeチャンネルより、season5以降の動画を見て、私が「こんなことがあるんだな~」と思ったただの独り言です。

英検2級程度で、趣味で英語の勉強をぼちぼちやっている程度。

合っていることもあれば全然違うこともあるでしょう。ネタバレすることもあるでしょう。間違っている情報もあるだろう点については、私はバイリンガルでもなんでもないのでご了承ください。

ただ、好きすぎて待ちきれずに未配信分の動画も含め相当チェックしてしまいましたので、まぁ読んでみよっか程度にご覧ください。

 

 

  • エイミーのドレス選び

結婚式といえば、女性はウエディングドレス選びも重要な仕事。

特にこだわりのない私自身の結婚式でも、いざドレスを試着してみると、「絶対これ無いわ!!」というデザインも色々あることに気が付きました。

新婦であるエイミーは無事昇格試験に合格したようです。

youtu.be

 

そんなエイミー、毎日奮闘している様子。

「女性のsurgentとして働くのは大変で、ドレス選びなんてしてる場合じゃない」というようなセリフを呟いています。

でも、女心を見抜いて助けるのがローザ!

エイミーをドレスショップに連れて行って試着を促します。最後の2人のはじける笑顔が本当に楽しそうで大好きなシーン。

youtu.be

 

1着目を試着したものの、サッシュベルトがあまり好きでないご様子。でも、これでいいわと妥協するエイミーをローザがすかさずストップ。54パターンのドレスをファイリングしてたでしょ?と見透かされています。さすがファイリング好きのエイミー。

が!ドレスショップで流れたラジオの速報と同時に追っていた犯人が目の前に!

エイミーはそのサッシュベルトで犯人を仕留めるのでした。

youtu.be

 

ジェイクはジェイクでお決まりの予算オーバー(笑)

youtu.be

 

 

 

  • 結婚式当日も大騒ぎ!

 

いつも一筋縄では行かないのが99。

どうやら爆弾騒ぎがあった模様。式場でかどうかは判断できませんでしたが、爆弾処理班が向かう騒ぎに。ジェイクはただの脅しだろうと落ち着いています。そして更に、ナーバスになっているエイミーに対して、この騒ぎを誓いの言葉に入れようというジョークをかまします。

 "Amy, there was a bomb at this wedding. Ya butt. Ya butt is is the bomb."

"Please don't say that during the ceremony."

「エイミーのケツが爆弾」って、字幕ではどう訳されるんだろ~。楽しみです。ちょっとピンとこなかったので。

youtu.be

 

ドレスも届かず結局式をキャンセルしようかどうかという瀬戸際で、なんとジーナがドレスを持っており、それを着て結婚式を挙げることに。

ジーナが実際に招待客である自分が着る衣装としてウエディングドレスを持ってきていた模様。エイミーはドレスを借りれることに感謝をしつつ、実際にこれあなたが着てたらおかしいと思われるわよ…とあきれ顔で語るシーンを見たのですが、もう見つけられませんでした…残念)

ボイルのスーパースピーディな準備で素敵な会場に!

youtu.be

 

そしてこの動画の終盤が素晴らしいのですが、エイミーが誓いの最後にあの"Your butt is the bomb..."をジェイクに言い放つのです。それを聞いたジェイクは思わず涙し、"I love you so much. You are my dream girl."と返事をします。

season5がいざ配信されたら本当に泣いてしまいそう。

 

で!更におまけとして、シーズン当初にジェイクとエイミーから何度か聞き込みを受けた、どこかの国の難しいつづりのおじさん Mlep(clay)nos氏 (clay is silent, 発音しない)がこの即興結婚式のBGMを!

ジェイクもエイミーも「知ってる!」と話しかけますが、彼は全く覚えてないのが笑えます。ちゃっかり結婚式で涙も(笑)

youtu.be

 

 

他にも、公式Youtubeでは、結婚式までのバチェラーナイトのハイライトなど、ざっくり予習できて笑えるシーンが沢山。

先に知ってても全然OK!な人は、是非観ちゃってください。ところどころわからなくても笑えてしまうのがこのドラマのすごい所。

 

あとはNetflixでの配信を待ちわびるのみ!ですね。

勝手に予想。ブルックリンナインナインの日本未配信分について。

【ご注意】

今から紹介するのは、Brooklyn-nine nineの公式Youtubeチャンネルより、season5以降の動画を見て、私が「こんなことがあるんだな~」と思ったただの独り言です。

英検2級程度で、趣味で英語の勉強をぼちぼちやっている程度。

合っていることもあれば全然違うこともあるでしょう。ネタバレすることもあるでしょう。間違っている情報もあるだろう点については、私はバイリンガルでもなんでもないのでご了承ください。

ただ、好きすぎて待ちきれずに未配信分の動画も含め相当チェックしてしまいましたので、まぁ読んでみよっか程度にご覧ください。

 

  • ジェイクとローザ収監、でもB99チームの逆転劇により解放

そうじゃないかな~と予想してます。

season4では2人の有罪が確定してしまいました。

チームが救い出すのはフロリダの時のような展開ですね。

ジェイクとローザの収監中のシーンがありました!

 

youtu.be

 

 フィッギスの捜査時には秘密の部屋にエイミーの写真を貼っていましたが、今度は粘土?か何かでエイミーを作ってる…と思ったらマッシュポテトのようです(笑)壁に貼る点では同じ(笑)

youtu.be

 

 彼なりに色々出し抜こうと考えてるようですが、なかなか上手くいかないのもこのドラマの定番の流れ。

youtu.be

 

おそらくフィッギスの時と同様、2話~3話で解放されるのではないでしょうか?

ダイヤの盗難?密売?みたいなのが証拠となり、ジェイクとローザをハメたおばさん汚職刑事(名前忘れた)が逮捕されるようです。

Brooklyn Nine-Nine 5x02 | "Peralta gets Released from Jail" - YouTube

 

ほんでまたボイルが寂しさのあまりかジェイクの出で立ちを真似しています(笑)

ジェイクとエイミーのラブラブなシーンは私、何回でも見てられる…。

ホルト所長がまたしても脅迫の電話を受けてるので、これはまた次の事件につながるんでしょう。これもお決まりな気がするけど、これがB99とも言える。

 

  • とうとうジェイクがエイミーにプロポーズ!?

これはおそらく間違いではないと思います…。

流れから察するに、毎年恒例ハロウィーンバトル " Amazing Detective/ Genius"の座をかけて奔走する通常バトルと共に、ジェイクがエイミーへのサプライズ展開を用意した模様。

「ほらね、いつも私はあなたの先を行くんだから、サプライズなんてできっこないわよ」的なエイミーの台詞とともに、ベルトにはプロポーズの言葉が!

 エイミーはプロポーズを全く予感してなかったので、このへんの「サプライズ」に関してはジェイクが別件を匂わせていたんですかね?

 

youtu.be

 

youtu.be

"I'm so confused, I don't know what's happening right now."

"Title of your sextape."

セックステープのタイトル言い合いのお決まりのジョークから、真剣なプロポーズ。

ジェイクが真面目になる瞬間はほんと真っ直ぐでときめいてしまう。

途中、"I love your butt(=お尻)" というジェイクのジョークが2回、エイミーが2回目に "I love yours, too" と答え、ジェイクが "Gross(きもい)"という掛け合いもありながら、シンプルで真剣なプロポーズです。

ボイル、夢が叶ってよかったね!!

 

  • プロポーズにOKをもらってからは、結婚準備!

 

 

youtu.be

 

めちゃめちゃ楽しそうです。2人が可愛くて泣ける。

ボイル父とジーナ母の結婚式もそうだったけど、指輪、花、ケーキ、その他諸々はアメリカでは当日搬入なのでしょうか。日本とは色々違いがありそうです。オリジナルカクテル美味しそう!(笑)

色んなお店を回って決めるのはなかなか楽しそうですよね。舞台がNYだからか、基本このドラに出てくるお店はオシャレで見とれる内装が多い。

最後に出てくる、ジェイクの好きなダイハードのナカトミプラザケーキは笑いつつもその緻密なクオリティに私ビックリ(笑)

 

 

そんな感じで、いつものように色々起こるけど基本的に笑えてハッピーな展開は約束されてそうです。

 

結婚式までのエピソード予想はまた後日!

 

また後日!と締めた記事が多すぎてちょっと焦ってます(笑)

 

女性の危機感とは何ぞや

オンラインゲーム関連の悲しいニュースが連日流れています。

 

ニュースサイトのコメントには、「この時代、SNSではイケメンに成りすましている男が絶対いるから気を付けないと」とか「こんな時代だから、男に対して危機感を持つよう教育しないと」や、「悪い男への免疫がなかったんだろう」等、もっと異性について危機感を持てという意見がたくさん書かれていました。

 

私自身、最初に思ったのは「SNS上で知り合った見たこともない異性のもとへ、いきなり会いにはいかないな」ということ。でも、19歳の女の子の危機感について、いい年した大人が簡単に語ることに関してはちょっと気になったので、自分の同じような年齢の頃を思い出してみました。

 

ここからは私の話で、彼女とは一切関係ないし、重ね合わせる意図も、ご両親を批判する意図も全くありませんので、その辺よろしくお願いします。

 

私は一人っ子です。親に溺愛されて育ったわけではありませんが、高校・大学には進学させてもらえ、必要なものは買い与えてもらえました。反抗期は相当ぶつかったものの、成人するまでの成長に十分な環境があり、教育を受けさせてもらえました。

そんな私の親が、異性やそれこそ性教育まで家庭で行っていたかというと、何もしていません。ゼロです。

小学校の時に、「精子卵子が出会ってあなたたちが生まれた」という、お決まりの肝心な部分がぼんやりとした授業を受けました。私は、「赤ちゃんってこういう風にできるんだ!」という衝撃的な知識に驚き興奮し、帰宅するなり母親に「ねえ、卵子精子ってそもそもどうやって出会うの?」と聞きました。当然の疑問です。母親の答えは「ね~。お空を泳いで出会うのかな~。」みたいな回答だったと思います。後にも先にも、男女がどういう風に惹かれ合い、どういう行為をしたら子供ができるかを、親から直接教えてもらうことはありませんでした。

「あかちゃんはお尻の穴から出てくるの?」という疑問もぶつけましたが、「違うよ、違うよ!」と驚いた顔で否定されました。教えてくれなきゃ分かるはずがない。自分にまさか排泄以外の穴があるなんて。(笑)

 

その1年後、買ってもらったぶっとい子供向けの図鑑に、生殖についてのページがあり、そこに男女の下半身が重なり合ったイラストを見つけました。ここで初めて、「そうか、こういうことなのか」と理解しました。あの図鑑が無ければ、私は生殖についてピンとこないまま高校生になったような気がします。

その後生理が始まりましたが、手当について教わっただけで、生理がどんなに大事な物かを教えてもらったこともありませんでした。(結果無頓着に育ったのか、21歳で卵巣嚢腫により片方の卵巣を摘出しました)あと、穴のこともついに教えてもらえなかった。(笑)

 

高校生の時に「彼氏ができた」と母に報告したら、「彼氏じゃないでしょ。ボーイフレンドでしょ。」と、(ちょっと意味が分からなかったけど)恋人とは認めていませんでした。

両親と好きな人の事や性について話すこともなく高校生になった為、逆に好奇心が旺盛になりました。図鑑の行為は早々に済ませてしまい、勉強・部活はしっかりやる優等生を演じる裏で、帰りが遅くなったり、悪い友達とつるむのがカッコいいと思うようになったり、それこそ電車でナンパしてきた人と簡単に電話番号を交換したり。

「異性の人には気を付けなさい、こういうことがあるから」という旨の注意は一切受けたこともない。受けたこともないから、親が話題にするにもタブーとしてたことをやっちゃってる感が余計に私の変な行動をエスカレートさせた遠因かもしれません。

保健体育の授業もほとんど記憶にないし、異性に興味を持つこととは何ぞやと先生に教わったこともない。恐るべし進学校

 

大学生になり一人暮らしをするようになると、どの子もそうだと思うけど、親の目を離れ、ちょっと自立したような浮かれた気分になります。まだガラケーの時代だったのでSNSはそこまで普及しておらず、行き当たりばったりな行動をすることでちょっとイキった(イキったって、若い子の間では死語ですか?笑)感じになっていました。友人と深夜まで飲んで終電を逃し、タクシー代を浮かしたいがためにナンパスポットをうろつき、声をかけてきた人に家の近くまで送ってもらったり、今では信じられないような行動をしていたのですが、逆に言うと「今だからこそ信じられないと思う」のです。その時は、大人に近づいている、女の子から女性になっていくという過程に酔っていた。女の子では出来ない体験をしたいと思っていた。これはどの女の子でも経験する気持ちだと思うし、男の子でもそうでしょう。

 

(一般的に)高校を卒業し、メイクや服装に一層興味が出てきて、キレイになれば周りが女性として見てくれる。タイプの人を見たら本能レベルでときめく。恋愛経験は少なくとも、素敵な恋愛をしたいと思う年頃なのに、異性をまず疑ってかかるという心と頭で逆の行動をするのはとっても難しいと思います。異性と知り合いたいという心理は自然なものだから。

全ての家庭がうちと同じように恋愛や性についてタブーとしているとは思いませんが、きっとそんな家庭が一定数存在するはずです。そういったタイプの家庭の場合、高校の保健体育だけでは、「異性や性について興味を持つのは自然なこと、けど、時には危険なこともある」という恋愛エキスパート並みの悟りを開くのは若い子にとっては不可能です。

いつか家族を持つ時が来るよ~、それまでの道のりは人生で頑張って学べよ!いい恋愛しろよ!いい人に出会って幸せになれよ!とボンヤリしたエールだけをもらって、大人の階段登る頃にちょっと開放的な空間に行ってしまったら・・・。何が危険なのかは実践を以って知る、ということになってしまいかねませんよね。自分がそうだっただけに・・・

 

いつの時代も、何が起きても「女性が危機感を持つ」ことの大切さを叫ぶ人が出てくるけど、「じゃあ、危機感って何?」と思ってしまう訳です。どういう行動をすべきなのか、私たち大人が教えるとしたら、どう教えたらいいんだろうか。「知らない人にはついていかない、知らない人には会わない」を徹底しておけば果たして安全なのだろうか。教えられないまま体当たりで生きてきてしまった私は、考え込む日々が続いています。